手術をしない
新たな関節治療

だて整形外科
リハビリテーションクリニック
再生医療のご案内

当院の再生医療について

当院ではPRP(多血小板血漿)療法を導入し、手術をしない関節の治療を実施しています。

PRPは、Platelet-Rich-Plasma(多血小板血漿)の略称で、血液を遠心分離機にかけることで分離した血小板を多く含む血漿層(けっしょうそう)のことを指します。
血小板は血管が損傷した場所で止血過程に重要な役割を果たしますが、その際に多量の成長因子を放出します。この成長因子は組織を修復する力があります。PRP治療は血小板に含まれる成長因子の力を利用して、人が本来持っている治癒能力や組織修復能力、再生能力を引き出す治療です。

再生医療の流れ
ロゴ:Platelet Rich Plasma

例えば、転んで怪我をした傷口から出血すると、その後傷の上にかさぶたができますが、時間経過とともにかさぶたが取れると再生した皮膚が出来上がっていきます。この体内の再生過程をPRP療法によって実現し、膝関節内などの患部で自身がもつ自己修復能力を促す治療がPRP療法です。

PRP療法の特徴

  • 患者様自身の血液から抽出するため、感染症やアレルギー反応が起こりにくい
  • 手術と比べると身体の負担が少なく、痕が残りにくい

PRP療法のデメリット

  • 効果には個人差があります
  • 施術後から数日間、痛みや腫れ・熱感などが発生する場合があります

患者様向け資料

各画像をクリックすると各スライドの
詳細をご確認いただけます。

PRP療法のご案内 パンフレット
PRP療法のご案内
パンフレット
つらい膝の痛みに!!PRP適応の症状と効果とは?
つらい膝の痛みに!!
PRP適応の症状と効果とは?
再生医療はこんな膝のお悩みを解決します
再生医療はこんな膝のお悩みを
解決します

当院でのPRP療法の流れ

当院でのPRP療法の治療の
流れをご説明いたします。

  1. 診察

    理学所見や画像所見を基に診察を行い、PRP療法の適応の有無を判断いたします。

  2. 採血

    50㎖ほどの採血を行います。

  3. PRP精製

    約3週間かけて、PRPを精製します。

  4. 注入

    エコーを用いて正確に関節内などの標的部位に、PRPを注入します。

当院への再生治療の
お問い合わせ
お問い合わせTELはこちら
083-254-0022

当院の再生療法の特徴

より高い効果を生むための
当院の取り組みを紹介します。

01
エコーを用いた注射

一般的な関節内注射は、エコーを用いないため、関節の外に注入される可能性があります。
当院では正確な関節内注射を行うために全例、エコー下に注入を行っております。貴重なPRPを一滴たりとも関節外に漏らしません。

02
リハビリ

当院では、PRP治療を実施後に、運動器リハビリを行います。
筋力トレーニングや歩行練習を通して、PRP治療の効果を高めます。

03
PFC-FD療法を採用

当院は、PRP療法の中でもPFC-FDという種類の治療法を採用しています。PFC-FD(Platelet-DerivedFactor Concentrate Freeze Dry)は、通常のPRPの2倍の成長因子が含まれるといわれています。

費用について

PRP療法は、保険適用外(自費診療)です。
費用(税込)
診察料・治療費 180,000円
当院への再生治療の
お問い合わせ
お問い合わせTELはこちら
083-254-0022

Q&A

再生療法についての質問に
お答えいたします。

治療時間はどれくらいですか?
初回は血液の採取のみで、2回目の来院時にPRPを注入します。
そのため1回の治療時間は15分程度です。
高齢でも治療できますか?
もちろん可能です。
注射のみで完結するため、体への負担が少なく行えます。
なぜ自由診療なのですか?
欧米では有効性も確認され一般的になっていますが、日本では保険適応前の新しい治療法だからです。
PRPを注射をしたらリハビリはしなくてもよいですか?
リハビリは必要です。
膝関節周りの筋肉を鍛えることで膝への負担を減らし治療効果を上げることができます。
当院への再生治療の
お問い合わせ
お問い合わせTELはこちら
083-254-0022